Howling Night on Earth - SHOICHI KANAWA AND AJO
00:00 / 00:00
ハウリングナイト オン アース / 金輪 彰一

アートディレクター / グラフィックデザイナー

Shoichi Design / 金輪 彰一(かなわ しょういち)

  東京生まれ

 東京都立三田高校中退

 カナダのBC州、バンクーバーに渡りカフェで働きながら暮らしたあと、帰国し大学入学資格検定(現在の高等学校卒業程度認定)合格。

 多摩美術大学でデジタルグラフィックデザインの第一世代としてデジタルでデザインする事を学ぶ。

 中退し、デザイン事務所でのバイトを通して主に印刷分野においてコンピューターでデザインすることに関わる。全ての人がデジタルデザインに関してスタート地点が同じであった。コーレー株式会社(現在の佐川印刷株式会社)で印刷の基本、名刺やチラシ・パンフレット・エディトリアルデザイン等ひと通り経験し、髙島屋通販カタログチームに所属。デジタルデザインの実践として、UNIX WorkStation・News CasterとApple Macintosh、Adobeソフトを駆使し、軌道に乗せる。

 その後、独立し2000年に渋谷区本町で Shoichi Design を設立。

 インターブランドジャパンにてゼロックスのブランディングを、JT(日本たばこ産業)マーケティング&セールスグループにてピアニッシモブランドのセールスプロモーションを実践。

 

関わったデザインで知られているものに

 

髙島屋通販カタログ

家庭画報インターナショナルエディション

ニッセン通販カタログ

サントリーC.C.Lemon、SORA

カルピス nude

JT ピアニッシモ・ペシェ、スーパースリム、ルーシア、ヴィヴ

 

などがある。

 

 ロゴ制作、フォント(書体)や文字、タイポグラフィーに関する理解と洞察、応用力に定評がある。

 Facebookでは世界各国約4,500人とつながる。

 心のデザイン学、象形文字と言語の宇宙、母音子音、韻についての研究​

また音楽も実践する。

 主夫業もこなし、子供と共に生活する事や家事・ハウスキーピングでは右に出るものがいないと自負している。 

Chinsago Nu Hana - SHOICHI KANAWA
00:00 / 00:00

Chinsago Nu Hana(てぃんさぐ ぬ はな)沖縄民謡

坂本龍一のオペラ「ライフ」

エリック・サティの「ジムノペディ」より​
アレンジ SHOICHI KANAWA AND AJO

てぃんさぐぅぬはぁなや
ちみさちぃにすぅみてぃ
うやぬゆぅしぐぅとぅや
ちむにすぅみぃり

てぃんぬむぅりぶぅしや
ゆみばゆぅまぁりぃしが
うやぬゆぅしぐぅとぅや
ゆみやなぁらぁぬ

ゆるはらぁすふぅにぃや
にぬふぁぶぅしぃあてぃ
わんなちぇえるうぅやや
わんどぅみぃあてぃ

たからだぁまやぁてぃん
みがかにぁばぁさぁびす
あさゆちぃむぅみぃがち
ゆちゆわぁたぁら

まくとぅするひぃとぅや
あとぅやいつまぁでぃん
うむくとぅんかぁなてぃ
ちゆぬさぁかぁい

なしばなぁんぐぅとぅん
なゆるくぅとぅやぁしが
なさぬゆぅいかぁらどぅ
ならんさぁだぁみ

いちたらぁんくぅとぅや
ちゅういたぁれだぁあれ
たげぇにうじなてぃどぅ
とぅしやゆぅるる

あてぃんゆぅるくぅぶな
やなんてぃぃんなぁくな
ひとぬぅゆぅしあぁしや
あとぅどぅしゆる

さかいてぃぃゆくなかに
しんしまぁなぁなぁゆみ
ゆかるぅほぅどぅいなや
あぶしまくらぁぃ

あさゆよぉせぐぅとぅや
よそぬういもみちょてぃ
おいぬいぃくぅとぅばぬ
あまりとうむぅな

リン・マーギュリスの有機供循環創

(シンバイオジェネシス)認識論

翻訳 金輪彰一

尊く深い時間 地球的時間から
有機共循環創は 新しい命の現象を産み出します
まるで進化が発光するかのように

有機共循環創とは 名の異なる命、常に異なる識別が
現象として共鳴し合う単純な共存共生です

共存共生の命はそこかしこに存在します


互いに共鳴しながら、また互いの内にさえ存在するのです

有機共循環創は貴重で長時間にある共存共生の成果です
それはまるで進化の過程であります

我々は有機共循環惑星の共存共生です
有機共循環創はそこかしこに存在します

地球上の命の全景は
太古の共生の菌からのその進化
共生菌の壮大な物語です

我々に観ることのできるくらい大きな命の全ては
かつては各々の菌の原生生命体から構成されています

大きな命は互いに補い合う生活様式で
微観的な命の集合体から成り立っているのです

今在る地球における命の全て
水滴や都市、雨林や森、大海、草原で生活する全ては
太古の菌の子孫です

共存共生という進化論認識は
長期を経て恒常的共生の結果としての新しい有機体
組織、器官、新しい種の起源さえ意味しています

私は
共生する菌が融合により核のある大きな細胞となる以前
つまり融合による原生生命になる以前は
実際には種は存在しなかったとさえ想っているのです


菌は非常に賢く、他と遺伝子を交換しました
遺伝子を水の中に放ち、他の菌の遺伝子を吸収し
また亡くなった生命の遺伝子を飲み込みさえしました


遺伝子は自己複製する食物だったのです

菌の存在には異なる識別が存在しますが
実際には安定した種を形成しません

泳いだり光合成したり酸素呼吸したり
菌の長期的な共生が
核のある複雑な細胞の進化に繋がります

始まりの菌の融合は
この世界の有機体の内、最も過小評価されていながら
最も重要な存在である原生生命を産み出します

讃えられることのないこの英雄は
全ての動物、菌類、植物の進化論上の先祖なのです

ちんさぐの花 意味訳

ホウセンカの花は
爪先に染めて
親の教えは
心に染み渡る
 
天上に群れる星は
数えれば数え切れても
親の教えは
数え切れないものだ
 
夜の海を往く船は
北極星に見守られ
私を生んだ親は
私を見守っている
 
宝玉と言えど
磨かなければ錆びてしまう
朝夕と心を磨きながら
日々を生きて行こう
 
正直な人は
後々のいつまでも
希望は叶えられ
末永く栄えるだろう

何事も為せば
成るものではあるが
為さぬことは
いつまでも成らないだろう

一人で出来ないことは
一人でやらず助け合いなさい
お互いに補い合って
世の中は成り立っている
 
有っても喜ぶな
失っても嘆くな
それが良いことか悪いことかは
後々にわかることだ
 
満たされている時ほど
謙虚さを忘れてはならない
稲穂が実ると頭を垂れて
あぜ道を枕にするように
 
老人の朝夕の言には
真摯に耳を傾けなさい
老い先短い者の与太話などと
侮るべきではない

生命の進化は「生」の喜びの発光。いのちの奇蹟。


てぃんさぐ ぬ はな や ちむにすみり

美しさは心に染めなさい

Contact Form

お問合せはお気軽に。​* は入力必須事項です。